南極クルーズ

南極クルーズ

 

 

南極クルーズでは、ウシュアイア、プンタアレーナス、キルネケスが発着地となっており、おおむね11月から3月の冬の時期をメインとしてクルーズ客船が運航しています。

 

 

クルーズ旅行の期間は9泊〜18泊など、長期にわたるプランが多いのが特徴です。

 

 

南極と言えばペンギンを思い浮かべることが多いですが、実際南極の島々ではペンギンのほか、アザラシ、クジラなど、南極特有の野生生物を見ることができます。

 

 

雄大な氷山やそれら大自然がつくりだす絶景を楽しむことができ、その圧倒的なさまに息をのむこと必至です。

 

 

一人旅やシニア層、旅行好きの旅慣れた方に人気がありおすすめです。

 

 

クルーズ客船会社は、ポナン、ホーランド、フッティルーテン、セレブリティ、クオークエクスぺディションズなどが就航しています。

 

 

ドレーク海峡を渡っていき、ペンギンや鳥、鯨などの野生生物の見学のほか、南極半島のハーフムーン島やパラダイス湾など景色の素晴らしい場所を巡ります。

 

 

南極クルーズでは格安な料金設定のコースもあり費用を抑えて船の旅を満喫したい方にもおすすめです。

 

 

他とは違った南極のクルージングは一生の思い出に残る貴重な体験になること間違いなしです。

 

 

南極クルーズの発着地となっているウシュアイアは、アルゼンチンの南端にあり、世界でも最南端の都市であるとされています。

 

 

昔は孤島などと言われていましたが、近年ではフエゴ島国立公園やホーン岬など観光が盛んになっています。

 

 

交通も整備されて、ウシュアイアは南極観光の拠点となっています。

 

 

そして、ドレーク海峡は、南アメリカ・ホーン岬と南極大陸との間にあり、世界で最も海が荒れるところとして知られています。

 

 

南極海の一部分でもあって、世界で一番広い幅の海峡としてギネスブックに認定されています。

 

 

また、デセプション島は、南アメリカ大陸南端ホーン岬の南東、南極半島の北方沖にあるサウスシェットランド諸島にある小さな火山島で、火口は海面下にあり、火口を囲む外輪山が荒涼とした景色をつくっています。

 

 

数ある船の旅の中でも南極のクルージングはまた特別であると思います。

 

 

大自然を目前に思索にふけってみてはいかがでしょうか。

 

 

豪華客船で巡る南極クルーズ、きっと有意義な旅になることと思います。

 

 

 

 

クルーズツアー旅行についてはこちらがおすすめ!
↓↓↓

 

国内No.1クルーズ専門旅行会社ベストワンクルーズ