アジアクルーズ

アジアクルーズ

 

 

温暖なリゾート地やエキゾチックな大都市を巡っていくアジアクルーズツアー旅行は、シンガポール・香港・上海などを起点として、1日〜6日の旅行日数が主です。

 

 

短期間の船旅でクルーズツアー料金も格安激安のものがあり、日本人の観光客に人気です。

 

 

クルージング初心者の方にもおすすめです。

 

 

「ガーデン・シティ」といわれる美しい国土と、海運上とても重要なマラッカ海峡の近くにあるシンガポールは、北にあるマレー半島(マレーシア)とジョホール海峡で隔てられていて、マレーシアとは経済の交流が盛んです。

 

 

シンガポールのチャンギ国際空港が島の東端にあって、シンガポール島の南に隣接するセントーサ島は、リゾート地として開発が進んでいます。

 

 

世界ではロンドン、パリ、バンコクに続いて4番目に外国人旅行者がたくさん訪れる都市となっています。

 

 

街全体に活気があっておもしろい人気の観光都市です。

 

 

一方、首都であるクアラルンプールの最短港でマレーシアの表玄関であるポートクランは、クアラルンプールから西に約30キロ、スランゴール州の王都クランの西方6キロに位置します。

 

 

クランの名前は、「クラン・ヴァレー(クラン渓谷)」で知られる「クラン川」に由来する可能性があり、クランの語源は、モン-クメール語の(KLONG)やマレー語で倉庫(現在では工場の意味に近い)を表す「KILANG」だとする説もあるようです。

 

 

「東洋の真珠」と呼ばれるペナン島は、今でもマレーシア随一の観光地です。

 

 

世界遺産に登録されているジョージタウンと、島の北部のパトゥ・フェリンギ、テロック・バハンなどの高級リゾートホテルが並ぶビーチ、この二つの顔を持っています。

 

 

日本人観光客にも人気です。

 

 

欧米諸国や日本などからの定年退職者が第二の人生や余生を楽しむために長期滞在していることでも有名です。

 

 

また、西洋と東洋が混ざるマラッカは、エキゾチックな街並や独特なプラナカン文化が興味を抱かせます。

 

 

世界遺産の街であり、マレーシアの他の都市では見られない文化があります。

 

 

マレーシアの観光スポットの1つとして人気です。

 

 

国内外からのビジターたちでにぎわい、西洋と東洋が混ざるエキゾチックな街並、地元に根付いている独特なプラナカン文化など、小さな街ながら訪れる人々を惹き付けています。

 

 

そして、タイ南部のアンダマン海に面したタイ最大の島であり、世界有数のリゾート地として知られるプーケットは、ダイビングに適した場所でダイバーたちのパラダイスとなっています。

 

 

アンダマン海はエメラルドの海と真っ白な砂浜でこの上ない美しさです。

 

 

ビーチリゾートやマリンスポーツを楽しめるほか、島内77%を占める山地では、熱帯モンスーン気候のジャングルが体験できます。

 

 

島内のビーチでは、タイならではのエンターテインメントやショッピングなどが楽しめます。

 

 

その他アジアでは、世界都市の一つとなっている香港はクルーズツアーでも人気です。

 

 

昔からアジアにおける交通の要所で自由港であることから、植民地時代から金融や流通の要所でもありました。

 

 

今日ではロンドン・ニューヨークに並ぶ世界三大金融センターの一つとされ、 中華圏だけでなく世界でも有数の文化発信地となっていて、グルメやショッピングの街として世界中から観光客が訪れています。

 

 

同様に世界都市であり、商業・金融・工業・交通などの中心地でもある上海も人気です。

 

 

客船からの夜景、ディナー・ナイトクルーズは格別で何とも言えない至福です。

 

 

家族ファミリー・夫婦・ハネムーン・一人旅など、アジアクルーズでシンガポール・マレーシア・タイ・香港・上海を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

クルーズツアー旅行についてはこちらがおすすめ!
↓↓↓

 

国内No.1クルーズ専門旅行会社ベストワンクルーズ