中東・ドバイクルーズ

中東・ドバイクルーズ

 

 

中東・ドバイクルーズは、発着地となるのがドバイがほとんどで、主な時期は7月から3月にかけてクルーズ船が就航しています。

 

 

宿泊日数は7泊が中心で、長期間では10泊から12泊といったコースもあります。

 

 

古くからあるイスラム建築や近代的な街の風景が混ざりあった中東エリア、宗教文化が特徴的なイスラエルなどがメインとなっています。

 

 

中東・ドバイクルーズはご夫婦やシニアの方にも人気があり、イスラム圏特有の文化、経済成長の著しいドバイなど、中東の熱気を感じることができます。

 

 

クルーズ船は急成長するドバイをはじめ、アジアとアラビアをつなぐ港であるマスカット、ムサンダム半島の先端にある港町ハッサブ、アラブ首長国連邦の首都であるアブダビなどに立ち寄ります。

 

 

クルージングのコースも様々あり、格安料金のものも多数あります。

 

 

中東・ドバイクルーズの中でもやはりメインの一つであるドバイは見物です。

 

 

中東でも指折りの都市であり金融センターでもあるドバイは、世界中から観光客が訪れており、その数も年々増加の一途をたどっています。

 

 

イスラム文化もさることながら、急成長とともにあらゆる分野で近代化が著しいその様子に魅了されることと思います。

 

 

中東の金融センターとしての地位はゆるぎなく、世界の都市ランキングにおいても、世界第29位の都市との評価で、 世界中の人々から注目を集める今最も熱い国であり、一度は足を運んでみたい国です。

 

 

また、アラブ首長国連邦の中核をなす最大面積をもつアブダビも見どころです。

 

 

広大な国土にある豊富な石油資源によって、アラブ首長国連邦の政治・経済を支える国でもあります。

 

 

大都会であり治安も良くゴージャスな気分が味わえます。

 

 

その他、寄港地となるマスカットでは、スーク(市場)、海岸通りのコルニーシュ、16世紀にポルトガル人が築いた砦のマトラ・フォートなども見どころです。

 

 

オールドマスカット地区はミラニ砦や小さな博物館がある閑静な官庁街となっています。

 

 

ルイ地区は新市街で近代的なビルが立ち並んでいます。

 

 

オマーンのハッサブのクルーズも人気です。

 

 

シム・ガルフの岩がちで複雑な海岸線を見るクルーズは、湾岸のフィヨルドといわれるくらい美しいと評判です。

 

 

中東・ドバイ・ペルシャ湾クルーズでは、地中海・エーゲ海・北欧フィヨルド・バルト海といった王道とはまた一味違ったクルーズが楽しめることと思います。

 

 

イスラム文化や急発展する中東の熱気を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

クルーズツアー旅行についての詳細
↓↓↓

 

国内No.1クルーズ専門旅行会社ベストワンクルーズ